配管内の赤錆問題でNMRパイプテクター®-NMRPT-の誹謗中傷に使用される「府中日鋼団地」

全32棟からなる大型の団地、府中日鋼団地にて、17年前1台の配管内防錆装置NMRパイプテクター®が設置されました。

この時にすでに築35年が経過しており、府中日鋼団地では配管内の赤錆腐食が進んでいる事が確認されています。

この時の設置によるNMRパイプテクター®の防錆効果範囲には、全32棟中の1棟のみしか含まれません。

その後、府中日鋼団地の管理組合は全32棟の建替えを決定し、NMRパイプテクター®の防錆効果が及ばない31棟への追加設置は必要なくなりました。

しかし、府中日鋼団地の建替えに反対し、配管の取替工事を推進する「日鋼団地を守る会」の活動により、建替えが進まずに17年間が経ちました。

配管の取替工事を推進するグループは、NMRパイプテクター®が設置されているせいで配管の取替ができないとして、NMRパイプテクター®への誹謗を開始しました。

その内容は、もともと防錆効果の範囲に含まれない棟であるにもかかわらず、配管内で赤錆腐食が進んでいるのは、NMRパイプテクター®に防錆効果がないからだとネット上のブログに掲載したのです。

この内容はNMRパイプテクター®を事実無根に誹謗するものと認められ、東京地方裁判所命令で削除されました。

以前よりNMRパイプテクター®の誹謗中傷を繰り返している小波秀雄氏は、雑誌「理科の探検」に、「日鋼団を守る会」のブログ内容を引用し、NMRパイプテクター®を誹謗中傷する記事を書きました。

この小波氏は配管工事会社がスポンサーであることから、配管の取替え工事に消費者を誘導する目的があります。

同様に、アカウント名「謎水」と「闇のapj」こと天羽優子氏も配管工事会社がスポンサーになり、NMRパイプテクター®を誹謗中傷している人物となります。

また、新聞記者であった長野剛氏は「日鋼団地を守る会」のNMRパイプテクター®を誹謗中傷するブログ内容を書いた人物に取材を行い、ネット配信記事「論座」にNMRパイプテクター®を誹謗する記事を掲載しました。

この長野氏も小波氏や「謎水」、天羽氏といった日頃、NMRパイプテクター®を誹謗している人物と繋がりがある事がわかっています。

この他にも、長野氏が論座に書いた記事内容は「謎水」、小波氏の兄弟が主張する内容を主体として記事を書いた為に、新聞記者として公正、中立であるべき立場を逸脱していると判断され、長野氏は記者としての資格を2020年の3月に剥奪されています。

長野氏が書いた論座の記事内容については、NMRパイプテクター®を事実無根に誹謗中傷するものである為に、新聞社に抗議していますが、現在もネット上にこの記事は掲載されており、給水管の赤錆対策を検討中の多くのマンションの管理組合が、配管取替え工事へ誘導される要因となっています。

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です