NMRパイプテクター®-NMRPT-の特集が科学雑誌「理科の探検」で掲載されました


小波氏はNMRパイプテクター®-NMRPT-を理解せず記事を執筆しています

小波秀雄氏により執筆された記事が「理科の探検」2019年4月号に掲載されましたが、その内容については、小波氏が配管内防錆装置「NMRパイプテクター®」の防錆効果について理解しないまま、自分自身の持つ知識の中で見解を述べている為に、事実と間違った内容が多く、NMRパイプテクター®を誹謗するものとなっています。

記事中でNMR(核磁気共鳴)について小波氏は述べていますが、この内容を読むとMRIなどの分折用NMR装置と混同していると思われます。小波氏は、数万ガウスの非常に強い磁場がNMR(核磁気共鳴)を発生させるのに必要と説明をしている事から分かります。

このNMR(核磁気共鳴)現象については、地球磁場(0.5ガウス)のような弱い磁場でも起きる事が、2009年に九州大学で開催された、日本核磁気共鳴学会での大阪大学の赤羽教授のグループによる論文で発表されております。小波氏の強い磁場に限ってNMR現象が発生する説明は完全に誤りです。

NMRパイプテクター®は、特定波長の電磁波と地球磁場のように弱い磁場を利用した装置である事から、小波氏はNMRパイプテクター®を理解せずに誤った理由で誹謗しています。

NMRパイプテクター®-NMRPT-は熱を発生する電源が必要な強い電磁波を使用しません

小波氏は、「電源もなしに電磁波を発生する素材はない」としていますが、Stefan–Boltzmannの法則により、地球上に存在する物質の全ては、その絶対温度(K=℃+273.15)の4乗に比例する強さの電磁波を放射する事がわかっています。

物理学では常識になっている事にも関わらず自称物理学者の小波氏は、「電源もなしに電磁波を発生する素材はない」とはっきりと常識外れの事を言い切っているので、NMRパイプテクター®の機能及び防錆効果が理解できないのはしょうがないと言えます。

NMRパイプテクター®-NMRPT-は配管内の水へ作用する特定の電磁波を出しています

小波氏はNMRパイプテクター®の電磁波は金属を通り抜けないと述べていますが、NMRパイプテクター®は配管に使用される鉄管等を通過できる波長の電磁波を発生しています。

一部の電磁波が金属を通過する事は一般的に知られています。

鉄を通過する一部の電磁波として昔は、海中深くの潜水艦に対して外部からの通信として低周波の電磁波が使用されていました。また、ニュートリノと同じように、鉱山の地下深い所まで特定の電磁波は届く為に、通信に使用されました。

NMRパイプテクター®の赤錆を黒錆に還元する作用には、水の自由電子(水和電子)が利用されています。

通常液体の水の凝集体(クラスター)は大きなクラスターで、自由電子(水和電子)はクラスターの内側にある自由電子が、NMRパイプテクター®を通過すると水の凝集体が小さくなり、自由電子が凝集体の外側に移動します。その状態で水がポンプ等の圧送エネルギーによって、運動する(流れる)と自由電子の剥離放電が起き、赤錆を黒錆に還元する事が出来るようになります。

NMRパイプテクター®-NMRPT-を用いた実証実験を知らない小波氏

小波氏は様々な見解を述べていますが、実際にNMRパイプテクター®を用いた防錆効果の検証を、見た事も客先に確認した事もありません。

科学的に誤った説明を行い、「物理的には何の意味もないガラクタ」と、読者に信じ込ませるような文章で誹謗を行っています。

NMRパイプテクター®の導入先では、防錆効果の検証について第三者の分析機関で鉄分値等の測定を行っており、配管内の防錆効果について科学的データで確認していただいています。

NMRパイプテクター®の防錆効果を立証した上で多くの導入先に満足いただき、その後の追加設置をいただく事も増加しています。小波氏のように意図的に誤った見解を述べ、NMRパイプテクター®をガラクタと誹謗し、何も分からないマンションの管理組合の方々をコストが10倍以上の配管更新へ導く事が目的と言えます。

是非多くの方々に、何故NMRパイプテクター®が4,200棟以上の様々な建物、施設で導入され続けて来たかを知っていただければと思います。それは全て、防錆効果を立証してきたからです。

小波氏の見解及び行為はNMRパイプテクター®-NMRPT-を事実無根に誹謗中傷し、コストが10倍以上の配管工事へ誘導する為です。ご注意ください。

今回の「リカタン」の記事内容のみならず、ネット上で小波氏は何度も何度も繰り返しNMRパイプテクター®への批判を行っており、その目的は配管工事会社OBからの要請に応え、報酬を得る為と思われます。

関連リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です