配管維持費用の大幅削減を可能にしたライオンズマン ション越谷北でのNMRパイプテクター®-NMRPT-設置 例

給水管は生活に必要な水を運ぶ重要な設備ですが、普段は目につかない部分の為に、気がつかない間に配管内部では赤錆腐食が進み、水を濁らせる「赤水」、赤錆の増加により「配管内閉塞」や「水漏れ」の原因となります。

配管内の赤錆腐食が発生していた埼玉県越谷市のライオンズマンション越谷北では、配管内赤錆防止装置NMRパイプテクター®を設置し、赤錆腐食問題を解決しました。

配管設備維持の為の積立金不足問題

NMRパイプテクター®設置前のライオンズマンション越谷北では、配管の抜管調査を行った際に、配管継手部で赤錆腐食がある事が分かりました。

当時のライオンズマンション越谷北の長期修繕計画では、配管の修繕にはライニング工事が計画されていたのですが、実施にはマンション積立金に不安があり、当時の管理組合理事長であった北澤氏は、他の修繕方法を検討していました。そんな時に、同管理組合の理事から電車広告でNMRパイプテクター®を見た事を聞き、調べるとライニング工事の3分の1の費用で設置可能な事を知りました。

ライオンズマンション越谷北で最適な配管修繕方法の検討

配管の修繕計画として、マンションの理事会では幾つかの案がでました。

ライニング工法、クエン酸洗浄、電気防食、オゾン洗浄、NMRパイプテクター®といったものがあがり、検討の結果NMRパイプテクター®が防錆内容や様々なメリットから最適な対策と意見がまとまり、導入に至りました。

NMRパイプテクター®-NMRPT-の防錆効果について

NMRパイプテクター®の防錆方法及び効果は他には無い、独自の技術により配管内の赤錆を還元により黒錆に変化させ、配管内の防錆、延命を行うものです。

黒錆の特徴は、赤錆の1/10の体積である事から、赤錆の黒錆化によって配管内の赤錆閉塞は収縮し、配管内閉塞が改善されます。

また黒錆は赤錆と異なり、不溶性の固い結晶の不動態となります。この時、配管内には黒錆の被膜が形成される事で、結果的に配管が強化され赤腐食が起こらない配管となり、配管を長期延命可能になります。

給水管の防錆と修繕費の大幅削減に成功したライオンズマンション越谷北

ライオンズマンション越谷北では、2010年11月NMRパイプテクター®を設置した事で、給水管の修繕費の大幅削減に成功し、証明器具のLED化やエレベーターの更新の検討を進めるなどの余裕ができました。

重要な防錆効果については、NMRパイプテクター®の設置から6年経過した時点で給水管内の内視鏡調査を行い、その結果、配管内の新規の赤錆進行は無く、配管閉塞率はNMRパイプテクター®導入前の43.2%から、39.7%に縮小し、8.1%改善している事が確認されました。

これによりNMRパイプテクター®の防錆効果により赤錆腐食が完全に停止した事が立証され、今後も継続して水が使用される事で、建物寿命まで配管を延命する事が可能となります。

配管内の赤錆劣化は気がつかない内に進行する事から、漏水等の問題を引き起こす前に早目の対策が必要です。その為には、定期的な配管状態の確認が必要ですが、手間も費用もかかります。NMRパイプテクター®の導入後はランニングコストもメンテンスもなく配管を維持できる事も大きな特徴です。安心して建物管理を行う為にも、是非NMRパイプテクター®をご検討ください。

2016年9月25日「マンション管理新聞」掲載
2016年9月25日「マンション管理新聞」掲載

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です